活動報告|ライオンズクラブ国際協会 334-E地区(長野県) キャビネット

活動報告[キャビネット]

薬物乱用防止教育認定講師養成講座

2012年12月4日(火)松本歯科大学 図書館2F 学生ホールにおいて、公益法人麻薬・覚せい剤乱用防止センター主催の「薬物乱用防止教育認定講師養成講座」が開催され、一般市民・学生を含む約80人が参加しました。
地区担当委員長のL.岡村勤の挨拶のあと、薬物乱用防止ビデオ「ダメ。ゼッタイ。」が上映され、たった一度の薬物の使用が人の一生をダメにしてしまう、ことを認識し、軽い好奇心や友人からの勧めに応じて若者が薬物に手を出すことを阻止するためのセミナー講師としての心得を参加者が勉強しました。
近年は、高校生・中学生のみならず、小学校5~6年生に至るまでインターネット等を通じて違法薬物の取得の危険があり、長野県も他地域同様に子供たちに講習会を通じて注意を喚起する必要があるとのことです。
1987年に主催者である「麻薬・覚せい剤乱用防止センター」を自らの手で立上げた同センター企画部長 阿部俊三氏によると、日本警察庁もライオンズクラブの活動に非常に期待をしており、各都道府県の警察署にその通達を出し、積極的に「一般市民であり、様々な職業人の構成からなるライオンズクラブに、子供たちを指導して欲しい」とのアピールをしているとのことです。
昨年、前宮下ガバナーの時に、ライオンズクラブと日本で初めて協定を結んだ長野県も教育委員会・健康福祉課等を通じ、当地区内での我々ライオンズクラブのより一層の積極的な取組を要望しました。
330複合地区薬物乱用防止副委員長のL.寺田義和も長年の講師経験から、「講師として一番適任者は我々ライオンである」と力説しました。
今回の養成講座で初めて講師認定を得た会員も継続で講師経験がありゴールド講師認定を受けた会員も、それぞれの地域で是非、講習会を通じて、薬物乱用から子供たちを守ってあげて欲しいと思います。

フォトギャラリー

画像をクリックすると拡大します。

  • スケジュール

ライオン最新号

バックナンバー

ライオン信濃最新号

バックナンバー

献眼マニュアル

献眼が発生した際はこちらのマニュアルを参考に対応してください。

4月のライオンズレート
$1=106.00円
更新:2018/04/03

お問い合わせ

  • 0263-31-6107
  • お問い合わせフォームはこちら
  • 〒399-0701
    長野県塩尻市広丘吉田1150-3
    オーイケ第2ビル1階
  • ご入会案内
  • 書式ダウンロード
  • 関連リンク
ページ上部に戻る