活動報告|ライオンズクラブ国際協会 334-E地区(長野県) キャビネット

お知らせ

松本アルプスLC明科LC新年祝賀合同例会

1月16日松本市『燦祥館』に於いて、松本アルプスLC明科LC新年祝賀合同例会が行われました。両クラブは姉妹クラブとして長年合同例会を行っています。両クラブの会長挨拶で始まり、両クラブ幹事によるライオンズの誓い、そして山下ガバナーのウイサーブの発声で新年祝賀会が開演となりました。大変盛り上がった祝宴も終盤になり、両クラブテールツイスター登場の後、山下ガバナー・両クラブ三役のライオンズ・ローアで締めくくりました。

フォトギャラリー

画像をクリックすると拡大します。

2R新年合同例会

2013年1月11日(金)2R新年合同例会がホストクラブ長野白樺LC会長 L.高木春光のもと長野市内ホテル国際21において登録者345名が集い盛大に開催されました。
開会のゴングの後来賓として祝辞を述べた阿部守一長野県知事は,今般出版された書籍の中で長野県が日本で一番住みたい県1位にランキングされたことを取り上げ、今年は政権交代の潮目の中、ライオンズクラブと協力してゆく様々な政策の中特に教育問題について
力を貸してほしいとの熱いメッセージをつたえました。我らライオンズクラブとしても「ライオンズクエスト」「薬物濫用防止セミナー講師養成」等を通し青少年育成の政策に十分に要望に応えていきたいと思います。
山下ガバナーのオレンジのネクタイに対抗している訳ではないですが知事は何時も爽やかでお洒落な雰囲気の何時ものピンクのネクタイを身に付けていいなかったのが少々残念ではありましたが。
チェロ宮澤善人氏とピアノ山本実樹子女史のお二人のミニコンサートで始まった祝賀会において長野市長鷲沢正一
氏は挨拶の中、今回ほど政権交代による経済への影響が強烈なインパクトを持ったのは記憶に無いとのこと。景気の「気」は気持ち・気分の「気」ということで人の気の持ち様とのこと。
我らライオンズクラブも近々の株価の上昇のように会員増強に多いに期待したいと思います。
「また合う日まで」の大輪の花の中、
2Rの様に他のリジョン・ゾーンでも合同例会を開催され他クラブ・他地域の会員と交流を深め新たな自身のクラブの活性化・会員増強の糸口を発見することが出来れば素晴らしいと思います。
本例会の運営に細心の気配りをされたメンバーの心使いに感謝致します。

フォトギャラリー

画像をクリックすると拡大します。

松本アルプスLCクリスマス家族パーティー

松本アルプスLC松本アルプスLCクリスマス家族パーティーが12月21日(金)松本市高宮の『ブライトガーデン』でおこなわれました。
大勢の御家族と会員でのビンゴ大会は大盛況で大変盛り上がりました。
サンタクロースとトナカイの三役が登場すると会場の雰囲気は最高潮に達し、子どもたちはサンタクロースからのプレゼントに目を輝かせて大喜びでした。4歳の子どもから、90歳のチャーターメンバーL.藤澤までが参加しての松本アルプスLCクリスマス家族パーティーは、また来年の再会を約束して閉宴しました。

フォトギャラリー

画像をクリックすると拡大します。

佐久LC「被災地見聞とランドセル寄贈の旅」

4R2Z佐久ライオンズクラブでは昨年に続き宮城県332-C大衡エコーLCの仲介により来年度入学予定の被災児へ10個のランドセルをとオーダーがあり、4R2Zの皆様にお声がけし行ったチャリティゴルフ収益金にてこれを揃え,12月10日宮城県亘理郡山元町の仮設住宅を檀原会長、澤尾幹事以下8名にて訪れ、332-C地区佐藤義則ガバナーご同席のもと贈呈式を行いました。学用品とクリスマスプレゼントと一緒に渡したランドセルを背負って子供たちは満面の笑みを浮かべてくれました。震災から1年9ヶ月経ちましたが、現地の傷は物心共にあまりに大きく復興への課題は山積みとのことでした。今後の支援について現地から、「今はお金が必要」との声をいただきました。次年度もまた現地の要望に添った支援をしていこうと思います

フォトギャラリー

画像をクリックすると拡大します。

明科LC家族合同クリスマス会

2012年12月6日(木)安曇野市明科の「ダイニングキッチンはなぐるま」に於いて、明科LC(現山下地区ガバナー所属)の家族合同クリスマス会が子供たちを含め約40人ほどが参加し開催されました。
このイタリアレストランは、山下ガバナーの小学校の同級生がオーナーで、松本市内のスパゲッティとケーキで評判の「はなぐるま」の本店でありクリスマス例会には最適。
笹子トンネルの事故の影響とかで10分程遅れて、子供たちが待ちわびたサンタクロース(明科LC会長L.宮園幸男)が登場し、イタリアン料理満載のテーブルをキャンドルサービス。暖炉の炎とともに室内を照らし雰囲気は最高潮。
メリークリスマスの乾杯と共に、参加者の食欲に火がつきオードブル→ピザ→スパゲッティへと一目散。
アトラクションに「ドジョウすくい」(松本深志LC会長L.濱野秀次が四国まで泊り込み修業を実行したと言う本物)が飛び出し、クリスマスに相応しいかどうかは別にして、大熱演。そして大笑讃。
最後に、ビンゴゲームで腕一杯にサンタクロースからのプレゼントを抱えた子供たちと美味しいケーキとお茶をいただき、招待されたスポンサークラブ松本深志・松本アルプス両クラブと安曇野ライオンズクラブの役員とともに「また合う日まで」を歌い散会となりました。

フォトギャラリー

画像をクリックすると拡大します。

≪前へ | 10 / 20 | 次へ≫
ライオンズクエスト
  • スケジュール

ライオン最新号

バックナンバー

ライオン信濃最新号

バックナンバー

献眼マニュアル

献眼が発生した際はこちらのマニュアルを参考に対応してください。

10月のライオンズレート
$1=113.00円
更新:2018/10/01

お問い合わせ

  • 0263-31-6107
  • お問い合わせフォームはこちら
  • 〒399-0701
    長野県塩尻市広丘吉田1150-3
    オーイケ第2ビル1階
  • ご入会案内
  • 書式ダウンロード
  • 関連リンク
ページ上部に戻る