活動報告|ライオンズクラブ国際協会 334-E地区(長野県) キャビネット

お知らせ

フォトギャラリー

画像をクリックすると拡大します。

臼田ライオンズクラブ 『佐久病院献血活動』

平成25年5月18,19日に佐久市佐久病院の病院祭にて行なわれた移動献血活動に臼田LCも参加いたしました。

この病院祭は東信地域一番といわれる小満祭と同じ週に開催されるため、毎年多くの方が訪れ、この献血活動にも非常に多くの方々にご協力をいただいています。臼田LC会員も毎年参加していますが、本年も一人でも多くの方にご協力いただけるよう声かけいたしました。

フォトギャラリー

画像をクリックすると拡大します。

ヘレンケラーデー
~献眼、角膜移植への理解を深めよう~

ライオンズクラブ334-E地区2R1Z ZC山浦悦子
長  野ライオンズクラブ会長 星野 直信
長野松代ライオンズクラブ会長 海沼 和幸
長野千曲ライオンズクラブ会長 松本  祐

 春暖の候、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。日頃は、ライオニズムの高揚にご精進を賜り厚く御礼申し上げます。
さて、この度長野県との連携協定に基づく活動として、またライオンズクラブの視覚障害者福祉向上の3クラブ奉仕活動として、下記内容にて講演会を実施致します。この講演会を多くの市民ライオンズクラブ関係の方に聴講頂き、意義あるものとしたく存じます。
つきましては、各クラブ5名程度のご参加を頂きたくお願い申し上げます。ご多忙の中とは存じますが格別のご配慮をいただきますようお願い申し上げます。

1.開催の趣旨
ライオンズクラブの視覚障害者福祉の奉仕活動を、誰もが歴史の人物で知っている、ヘレンケラーの命日である6月1日にちなんで、下記趣旨にて開催を致します。
(1)角膜移植、献眼登録推進についての理解を深めることを目的として講演会を開催する。
(2)市民に向けたものとして、ライオンズクラブの活動を広く市民に知って頂くPR活動にする。
(2)長野県との連携協定の連携事項の第5項に基づいた活動とする。
(3)1ゾーン3クラブで行うことで、会員減少の中各クラブ負担を小さくかつPR効果は最大となるようにする。

2.名称 
ヘレンケラーデー ~献眼、角膜移植への理解を深めよう~

3.日時 
2013年6月1日13:30~15:30

4.場所 
JA長野県ビル12階会議室(長野市大字南長野北石堂町1177 -3)
公共交通機関でお越しください(有料駐車場有60分200円)

5.主催
  ライオンズクラブ国際協会334-E地区2R1Z
長野LC、長野松代LC、長野千曲LC

6.参加人数 
100名(一般市民、ライオンズクラブ)

7.登録料・参加費  
無料

8.講演会次第
ご来賓挨拶 長野県健康福祉部医療推進課
長野県アイバンク協会
講演会『角膜移植の現場から』
・献眼の現場から   中村吉秀さん(りんどうライオンズクラブ会員)
・角膜移植を受けて  中島昭司さん(角膜移植を受けた方)
・角膜提供の家族から 宮下知子さん(角膜を提供したご家族)

9.各クラブ参加のお願い
各クラブ5名程度の参加をお願い致します。
・一般市民への呼びかけと参加(2名程度)
ライオンズクラブのご家族
地域の市民、行政関係、医療関係、社協、等
クラブと関係がある、学校(大学、短大、高校、等)
・ライオンズクラブ関係参加(3名程度)
現クラブ三役、担当委員、次期会長、次期担当委員、等

参加申し込み
5月29日(水)までに長野LC事務局までお願い致します。

長野ライオンズクラブ
TEL026-235-3883
〒380-0836 長野市南県町685-2長野県食糧会館4F


画像をクリックするとパンフレットが表示されます。

長野千曲LC 『332-B地区岩手県大槌ライオンズクラブ復興支援事業』

岩手県上閉伊郡大槌町にある332-B地区大槌LCへの興支援事業が、4月26日(金)~27日(土)の日程で、会員13名が参加して実施された。
昨年、支援金をお届けしたのに続き、今年度は同クラブの要望を取り入れて仮設住宅入居者へ支援米の配布を行った。
長野県産コシヒカリ1トン(5kg入200袋)を準備し、大槌LCの会員と共に3箇所の仮設住宅を回り、手渡して被災地の方々に元気を届けた。
入居者の中には長野から来たことに驚き、何度も「ありがとう」と言ったり、先の見通しが立たないことへの不安を漏らす方もいた。
夜には、大槌LCとの懇談会を行い、昨年度クラブ会長で、本年5R2Z ZC L.大萱生修一から、「遠い所とわかっていて大勢で来てくれたことに感謝。心配してくれる人がいることが生きる勇気につながる。」との言葉をいただいた。
復興の進まない現地を見て被災された方々の話を伺い、継続支援の必要性を再認識すると共に、今後もいっそう絆を深めていきたいと感じた。

フォトギャラリー

画像をクリックすると拡大します。

松本中央LC・名古屋中村LCとの合同事業「タイ国学校建設」事業

松本中央ライオンズクラブクラブは、創立45周年記念事業の一環で、姉妹クラブ名古屋中村ライオンズクラブとの合同事業「タイ国学校建設」事業において、2013年3月8日(金)、現地にて校舎引渡式が開催され、クラブを代表した4名のライオンが参加しました。

名古屋中村ライオンズクラブの呼びかけに応え、首都バンコクから数百キロ離れたタイ東北部プリラム県ラハーンサイ市バーンロンルアイ学校に小学校2教室・幼稚園2教室の計4教室一棟の新校舎増建設事業を行いました。
校舎引渡式当日は、大勢の地元住民や子どもたちの出迎えと地元ライオンズクラブが参列する中、国際理事はじめ地区ガバナーや県知事より表彰状や記念品の贈呈を受けました。

今回の事業は、名古屋中村ライオンズクラブと、タイ・バンコクデュシットLCの2008~2009年度会長L.小林豊との交流がきっかけとなり実現しました。
タイ東北部ブリラム県には学びたい子供たちが多いが、校舎が不足しているため支援を求めたいと地元ナングロング・ブリラムLCより要請がありました。
幼い時分の教育は、将来的に人間としての意思疎通、貧困からの脱出には大変重要なことです。視察の結果、中学校の設立より今、教室が不足している小学校教育を充実させるべく小学校2教室・幼稚園2教室の計4教室1棟を増築、合わせて必要となる机・椅子・黒板も備えました

フォトギャラリー

画像をクリックすると拡大します。

≪前へ | 6 / 20 | 次へ≫
ライオンズクエスト
  • スケジュール

ライオン最新号

バックナンバー

ライオン信濃最新号

バックナンバー

献眼マニュアル

献眼が発生した際はこちらのマニュアルを参考に対応してください。

10月のライオンズレート
$1=113.00円
更新:2018/10/01

お問い合わせ

  • 0263-31-6107
  • お問い合わせフォームはこちら
  • 〒399-0701
    長野県塩尻市広丘吉田1150-3
    オーイケ第2ビル1階
  • ご入会案内
  • 書式ダウンロード
  • 関連リンク
ページ上部に戻る