ガバナー紹介|ライオンズクラブ国際協会 334-E地区(長野県) キャビネット

スローガンスローガン

2018-2019年ガバナースローガン

1917年メルビン・ジョーンズにより創立されたライオンズクラブは本年、102周年を迎えます。昨年は334-E地区の念願であった佐藤義雄国際理事(2017〜2019)が誕生しました。国際舞台で存分に活躍できるよう334-E地区は全面的に支援いたします。
今年度は厚労省の奉仕んでもあります糖尿病の4大合併症の予防とFWTに置いて女性会員の増強を更に進めたいと思います。
スピード女子団体追い抜き(パシュート)で日本の3人が最終周でオランダを抜き去り見事、金メダルを獲得しました。ライオンズの奉仕活動も心を一つ(価値観を共有)にすれば、それなりの成果につながると信じています。

―基本方針―

  1. 献血 献眼 献腎 骨髄移植 糖尿病教育
    1. 糖尿病の合併症:腎症、網膜症、神経障害、壊疸の予防
  2. 会員増強 会員維持 若手会員の育成
    1. FWTを中心に女性会員の増強と2019年4月に女性の集いの講演会実施
  3. 高齢化社会と少子化対策
    1. 母子家庭、父子家庭の子どもを地域社会で面倒をみる
    2. 長野県や市町村からの要望もある婚活をライオンズの立場で出来る事を行う
  4. 青少年指導育成の強化
    1. 薬物乱用防止教育
    2. 子どもの貧困問題に取り組み、フードドライブを実施する
    3. ライオンズクエスト;各リジョンでワークショップを開催
  5. LCIF、MJFへの寄付金の継続実施
    1. 各クラブにLCIFキャンペーン委員長の設置
    2. LCIF国際理事会との交渉経過をみながら、LCIFへ寄付金目標額を$20万とする。
  6. 日本・フィリピン合同医療奉仕活動について
    1. 奉仕活動の内容を検討し、規模を縮小して実施する

青年海外派遣コンテスト
  • スケジュール

ライオン最新号

バックナンバー

ライオン信濃最新号

バックナンバー

献眼マニュアル

献眼が発生した際はこちらのマニュアルを参考に対応してください。

8月のライオンズレート
$1=111.00円
更新:2018/08/01

お問い合わせ

  • 0263-31-6107
  • お問い合わせフォームはこちら
  • 〒399-0701
    長野県塩尻市広丘吉田1150-3
    オーイケ第2ビル1階
  • ご入会案内
  • 書式ダウンロード
  • 関連リンク
ページ上部に戻る